2005年11月01日

ピ○子さんも驚く健康ダイエットパート2

taijyuu01.jpg前回の記事で自分の身体を知る事が大切だという事で健康診断をお薦めしました。今回は体脂肪についてお話します。私は約18年前心臓手術をし、その時なるべく負担を減らす為体重を50キロまで落としました。体重が増えれば増えるほど心臓に負担がかかります。欧米では体重増加が心臓病に繋がり心臓病の死因がトップとなっています。日本も食生活が大きく変わり日本古来の良さは失われてしまいました。食事環境がアメリカに近づく度に今まで目立たなかった肥満の人が非常に多くなって来ました。皆さんが最も落としたい体脂肪とは一体何でしょう?飢餓で苦しむ国が多い中、日本は実に恵まれた時代です。ですがいつそんなサバイバル時代が訪れるか誰にも分かりません。栄養分をグリコーゲン以外の形で効率よく蓄える物が体脂肪。脂肪には最大15万キロカロリーものエネルギーを蓄える事ができます。これだけあると人は暫くの間何も食べなくとも生きる事ができます。脂肪が生きる為に欠かせないエネルギーの貯蔵庫である事を頭に入れて置いて下さい。その他に体脂肪は暑さ寒さからも守ってくれます。体脂肪が少なすぎると体温を平熱に保つ事が出来ません。もう一つ大切な役割にホルモンの分泌があります。レプチンが食欲を調節するホルモンですが、インスリンの作用を調節するホルモンを分泌するのも体脂肪なのです。体脂肪の重要性が理解出来たかと思います。
posted by 心の玉手箱 at 15:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダイエットについて調べてるので見に来てください!
Posted by 大明神 at 2005年11月01日 18:18
はじめまして。TBありがとうございます。
やはり体重が多いと心臓に負担がかかるんですね。
私も無理せず健康的にダイエットをしたいと思ってます。
Posted by hiro at 2005年11月01日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。